[186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177] [176]
この最初のTAIJIさんと会う予定では3日間を予定していた。

東京に長く住んでいた為知り合いは沢山いて、今回は1人の友人宅に泊まらせてもらっていたのだが、初日にその友人宅に戻った自分は今回の出会いの衝撃さを語ったのだった。

でも彼はロックにあまり詳しくなく、Xという名前を知ってるだけで「おーそれは凄いね」と軽く返すぐらいで。。この緊張した瞬間、というかありえない展開をどう説明しても分かってくれない、いやそれ以前にわかるはずはない(笑)
音楽仲間も沢山いたのだけど、流石にまだどうなるか分からない状況で伝える事が出来ない。

そんな中帰宅した夜TAIJIさんから電話がかかってきて「DAI君の歌声聴きたいから明日の夕方カラオケ行こう、Voiceless歌ってよ」と。。冷静にわかりましたと応えた自分は電話を終えた後、どうしよう? ×10 と頭の中はそればっかだった(笑)何故なら送ったCDは2ヶ月ぐらいかけて全体で録って良いとこ取りした音源だったから、絶対に上手く1発で歌えることは出来ないからだ。練習しようにもその日が明日なので時間もない。
しかもよく考えたらXのメンバーの前でXの曲を歌う事などこの人生で想定してない。

まともに寝付けぬまま次の日を迎えた。

昼間はこの先どうなるか分からないのに気持ちが既に東京にあるせいか不動産会社を回って物件を探していた。やっぱり東京は家賃が高い。
と、これから起こる出来事の緊張を不動産で紛らわせていたかもしれない(笑)

夕方待ち合わせの前に現れたのはまたも初日と同じような姿のTAIJIさん。余計に緊張が増す。。。
2人でカラオケボックスに入ると「とりあえずVoiceleess歌ってよ。原曲キーでね。喉の調子は良い?」と微笑みながらでTAIJIさんは言ったのだった。「大丈夫です」と冷静に笑って応えたのはいいのだが、その反面自分の鼓動がありえなく暴れ狂っている(笑)

たぶんこの時は今まで経験したライブでの気合い以上にこの1曲に力を注いだかもしれない。やはり自分にはXはキーが高すぎると実感するが、歌い終えるとTAIJIさんは「良いねぇ。んじゃ次Forever Love行こうか」と。。。。1曲じゃないんですか~~~~?!!!と心で叫ぶ(笑)

TAIJIさんは歌い終えるとすぐ次をリクエストしたのだった。
結局X以外にメタリカやオジーなどの洋楽もリクエストされてもうライブワンマン終えたぐらいに声がガラガラで、後半はまともに声が出てない。おなかが筋肉痛になる感じで痛かった(笑)でもこの時の出来事は凄い自分にとって貴重で、生涯忘れる事はないものとなっている。

その後TAIJIさんの家に向かい、その夜はカラオケの事と送ったCD同封の手紙について色々聞かれたのだった。

「結構色々な曲歌えるんだね。そういえばあのCD他に誰に送ったの?」
自分は正直にYoshikiさんとTAIJIさんに送ったと伝える。
「Yoshikiからは連絡きた?」と続けて質問される。

実際別に進展する内容ではなかったのだけど、TAIJIさんから連絡もらった1週間後ぐらいにロスのYoshikiさんのマネージャーさんらしき方からメールを頂いていたのでそれも正直に話した。

「でも思い切った行動したよね。あのCDにはびっくりするよ。これからバンドを作りたいと思うんだけど、色々なジャンルの曲歌えそうだしボーカルやってくれない?」とTAIJIさんが言った時、初めて自分の行動は間違いではなかったと実感した。




つづく。。。























拍手[3回]


コメント
無題
おお、さすが泰司さん。鬼ですね笑
【2011/12/20 02:19】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
無題
凄い!こんな体験は滅多にないと思います。Forever Loveも歌いましたね。
本当にいつも貴重な話しをいただいてありがとうございます!

続きを楽しみにしています。
【2011/12/20 14:23】 NAME[tachibanayui] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:<%sub_title> の記事一覧

≪新しい記事一覧へ | | 15 古い記事一覧へ≫ 16 17

18
19