[183] [182] [181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174] [173]
人は偉大なる人物や手の届かない人物を「雲の上の人」と呼ぶが正にTAIJIさんは自分にとってそれ以外何者でもない人物だった。

留守電が入っててから数時間後、自分はそのかかってきた番号に電話をかけ直したのだった。

「やぁDAI君~TAIJIです」と穏やかで優しそうな声が返ってきた。
TAIJIさん本人が電話にでてくれた。でも正直電話し始めてから最初の半分ぐらいは何を話したのか思い出せない。
「雲の上の人」というよりか、その時の自分からしてみれば「雲の上の声」だったのかもしれない。

ただ記憶にあるのは
「こんなにTOSHIみたいに歌える人初めて聴いたよ」とか
「ロックバンドを作ろうと思ってる」とか
「ゆっくり話がしたいし歌声が聞きたいから一度東京においでよ」とか
そんな断片的な会話しかないのである。

多分30分ぐらい話をしたと思う。

すぐに親に「TAIJIさんと電話したよ」と伝えた。
数日前までTAIJIと呼び捨てで読んでいたのに「さん」が付くようになっていた。まだ別に一緒に音楽出来ると限らないし、何もこの先分からない状況だったけど、この人生で物凄く大きな出来事だと感じたのだった。


その後何度か電話やメールで連絡を取るようになり、お互いの音楽というよりは生い立ちや境遇を話したりしたのだった。多分TAIJIさんは音楽以前に人としての物事に対する美学や感性をお互い確かめたかったのかもしれない。

そして連絡がきてから1ヵ月後ぐらいに、東京でTAIJIさん本人と会うことになるのだった。

つづく。。。









拍手[5回]


コメント
無題
いや、DAIさんスゴいですね。ホンマに。
ロックな人生ですね。自分はDAIさんの爪の垢を煎じて飲む必要があります。
【2011/12/07 00:47】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
無題
はやく続きが読みたいというワクワク感と
このお話に必ずThe Endが待っているという怖さが。
本当ならお二人の関係は現在進行形だったはずなのに..。
【2011/12/07 01:35】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
無題
一緒に音を出す、表現するっていうときに、Taijiさんは人間的に合うかどうかっていうことをとても大事にしていたんですよね。
そのうえで、同じ夢を持って、進む仲間を探していて、、Daiさんと出会うんですね。
【2011/12/07 11:59】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
無題
にこにこしながら、読ませていただきました。

自分もいつもここではDAIさんって、メルトモとチャットしてる時はDAIちゃんって、いいかな(笑)

TAIJIさんのおかげで、DAIさんたちと出会ってよかったと今でもつくづく思っています。
【2011/12/07 13:15】 NAME[tachibanayui] WEBLINK[] EDIT[]
無題
ところでDAIさんやShuさんは泰司さんの墓参りは行ったんですか?
【2011/12/07 18:47】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:<%sub_title> の記事一覧

≪新しい記事一覧へ | | 15 古い記事一覧へ≫ 16 17

18
19