[1] [2]
ずっと昔から思ってきた事があるのだけど、「神」という存在に存在についてなんだけどね。

以前は、作曲をする時や作詞する時に曲コンセプトとして取り上げたことが結構あったのだけど、ここ数年前から神という存在やそれに縦横するテーマをまともに意識して作ったことが無いのが事実なのよ。

まぁ自分の周りでは真に神を信じてる人は少ないんだけど、正月とかにイベント的に初詣に行って今年1年良い年になりますようにと神社でお賽銭投げてるのは事実で(笑) 自分もその部類に入ると思う。

自分は宗教とかも興味なく、無宗教と呼ばれる人間なので
結論から言うと神は存在しないと思ってるのよ。
例えて言うと

一般的な神に祈る=己の運を祈る みたいな感覚

以前、宗教や占いなどにすがる人は弱い人ではないか?と持論を書いた時、誰かが人間は弱い生き物で何かにすがらないと生きていけないみたいなとコメントあったので、実際どうなんだろうと思ってこのブログ書いてみた。

「神」は存在すると思うかね?


「神」について自分の見解と近かったので一部見つけた文章抜粋して載せてみる。
ちょっと格言的過ぎるかもなんで「神」を信じてる人には非難を受ける内容かもだけど(笑)


「神」という存在を信じている人は多い。日本では、熱心に信じている人は比較的少なく、全く信じていない人もそれなりにいるだろうが、海外では、その割合は、ほとんど9割以上のようである。先進国たりとも、キリスト教信者の割合が多数を占める国が多く、他の宗教も含めた、神を信じている人の割合は、9割以上であろう。海外には、何の神も信じていないと聞くと、まるで悪魔に魂を売ったのかというような言い方をする人も少なくないようである。

だが、結論から言って、神は、明らかに、人間の勝手な空想の産物であろう。
神が人間の前に出てきたことなど、これまで一度もない。

これまでも、世界で多くの悲惨な事件や事故が起きてきた。
そして、東日本大震災の地震・津波もその一つである。
こういうとき、神はいないのだということを改めて実感する。
もし神がいるとしたら、こんなことを起こすはずがないと思う。

東日本大震災で大津波に飲み込まれ、流されていった人たち、がれきの下で火に焼かれて亡くなった人たち、救出を待ちながら、冷たい水の中で寒さに凍えて亡くなっていった人たち、...。
この中には、子供たちも、赤ちゃんもいる。
他の人を助けようとして亡くなった人、避難の誘導をしていて亡くなった人、役場で、最後まで避難の放送をし、自分自身は逃げることができずに津波にのみこまれた若い職員もいる...。
残された人々の悲しみも大きい。学校に行っていた子供を失った母親、結婚するはずだった婚約者を失った男性、妻と一緒に長年生きてきて、妻を失った老人...。

もし、神がいるなら、なぜ神はそんなことをしたのだろうか。
 
津波の後、全てを失った人がいる。家を失った人、船を失った漁師、...。神がいるなら、何の罪もないそうした人々に、宝の山でも出してもらいたい。

神が人類の前に現れたことは、これまでもなかった。ただ、神話や古文書という創作物があっただけである。それを、人々はありがたく信じてきた。

それにはもちろん理由がある。
過去、人々は今よりはるかに貧困で、寒い中、暖房もなく暮らし、権力者から搾取され、医学も発達していないから、人々は若くして死んでいき、毎日の労働も過酷だった。そんな中、人々は生きる意味を宗教によって与えられなければ生きていけず、また、死後の世界で楽しく暮らせることを信じなければ、とてもではないが、生きている間の苦しさに耐えられなかったことだろう。

そして、そうした貧困の中では、人を殺してはいけない、人のものを盗んではいけない、といったことも、神によって見られているからだという、外からの道徳を与えられなければ、人々は自分たちを律することはできなかったであろう。そういう時代に、「神」という「装置」を発明したことは、個人にとっても、社会にとっても、それなりに意味があったのだと思う。

だが、人類自身が文明を発達させたことで、人類は過酷な重労働から解放され、快適に暮らせるようになり、医療も発達したことで多くの命が救われるようになり、民主主義という人々を尊重する社会体制が作り上げられたことでしいたげられる人々も少なくなってきた。

現在、神という存在は、人類にとってもう必要ない。

今、我々は、はっきりと気づくべき時ではないのか。神などいない。これまでもいなかった。人類は、壮大な嘘を、ずっと信じてきたのである。

神に頼ってもなにもならない。いないのだから。いないものに無意味な期待をするのではなく、いかに、人類が、我々自身の力で、協力して、生きていくのかを真摯に考えていくべきである。

信教の自由は、保障されるべきである。
信教の自由は、社会において、最も大切なものの一つとして、守っていくべきであることは当然である。
誰かが、どんな宗教を信じようと、他の人に迷惑をかけるようなものでない限りは、その自由は、守っていかなくてはならない。
それを許さないような社会は絶対によくない 。

神を信じる全ての人々に、考え直してほしいと思う。
神は、本当はいないと、実は心の奥底ではわかっているのではないか?
神がいることを疑いつつも、神がいるということにしているのではないか?
神がいるなら、どうして、こんなにひどいことをするのか?

「これは、神が与えた試練だ」という人もいるかもしれない。しかし、試練のために、無実の子供たちや、他の人のためにがんばった人たちを、ひどいやり方で殺してもいいのだろうか?そんなことをする神なら、人間は、そんな神を軽蔑するべきであると思う。そして、もはやそんな神の教えに従う必要など全くないと思う。

神を信じる人たちに、答えてほしい。神はどうしてこんなことをしたのか?そして、どうして、何の救いの手もさしのべないのであろうか?

もちろん、これは、今回の東日本大震災に限ったことではない。世界の多くの国々で、無実の人たちが、戦争に巻き込まれて殺されている。悲惨な事件に巻き込まれて殺されている。1985年の日航機墜落事故では、520人もの無実の人たちが亡くなった。2001年9月11日のアメリカの同時多発のテロでも、多くの無実の人たちが亡くなった。亡くなった人もとてもかわいそうだが、残された遺族の悲しみ、その後の生活の苦しみは、想像を絶するものがある。そればかりではない。ひどい児童虐待によって死に追いやられる子どもたちがいる。激しいいじめにあい、自殺においこまれる小学生・中学生もいる。そういった無実の人たち、子供たちに、いったい何の罪があるのか?

神は、どうして、こんなことをしたのか?

でも、おそらく、神を信じる人たちは、この問いに、答えることはできないだろう。なぜなら、神はいないからである。神がいるとすれば、これは決して説明できないだろう。

それから、普段は神など信じてもいないのに、受験や初詣の時には、神社に行って願い事をする、少なくない数の日本人にも、自らに問いなおしてほしいと思う。仮に神がいるとして、普段はそれをろくに信じておらず、神に対して何の奉仕もしていないのに、受験や年の始めだけ、自分のところにやってきて、都合のいいことをお願いする人々に、神は恩恵を授けるだろうか?そういう人たちを受験に受からせ、願い事を叶えてあげるだろうか?
もし、自分が神なら、そんなことはしない。神を信じていなくとも、神に依存することなく、自分自身の力でどうにかしようとがんばっている人たちの方に、むしろ恩恵を与えるだろう。ご都合主義の人々に恩恵を与えることはない。むしろ、試練を与える。

だが、ここで、これまで、ご都合主義的に神頼みをしてきたことを、神は怒っているかもしれないと不安に陥る必要はない。なぜなら、神などいないからである。

我々人類は、神など、そもそもいなかったことを、そろそろしっかりと確認し、そんな嘘の存在になど頼ることなく、我々自身の手で、この世界をよいものにしていくという、確固とした決意をしてはどうだろうか。

拍手[8回]

今日9月18日(火)にHEAVENS LIVEのチケットが発売となりました。

チケット詳細を告知してなくてスミマセン。



2012年10月14日(日)



「PHOENIX」

恵比寿LIVE GATE TOKYO

OPEN 18:00 START 18:30

チケット 前売 3000円 当日 3500円 (ドリンク代別途)



チケット購入(イープラス)

PC用購入リンク
■■■

携帯用購リンク
■■■


たぶん頻繁に出来るライブではないと思うので、その分自分たちも色々な想いを込めて演奏するので沢山の人に来て貰えたら嬉しいです。



コメントでTwitterやってないか?とありましたがやってないです。未だに携帯もスマートフォンではなく、パケ放題でもなく時代遅れの人生送ってます(笑) ごめんなさい。

ただ電車で周りがほとんどスマートフォンの時、自分の携帯を出して弄るのに恥じらいの抵抗があるのは確かです。。。

スマートフォンに変える時が来たらTwitterもやってみたいと思います。



大阪、京都、奈良の人。。まとめて関西と言ってください(笑) でも今は10月14日のライブに向けて頑張りたいと思います。





あと最近色々問題となってる中国、韓国の領土問題。。



「悲しい」の一言です。


韓国に関してはヘヴンスはライブやイベントやらせてもらったり、少なからず交流の場の一部となっていただけに、なんでこんな事になってるか意味が分からない。

中国でもあらゆるアーティストや交流イベントが中止になってるし。
テレビでは反日運動のニュースばかり。

別に領土が日本の物でも生活が今すぐ豊かに変わるわけでもないし、逆に他国の物だとしても別に今の生活が苦しくなるわけでもなく。。なんか領土なんかどうでもいいんだけど、という気持ちになってしまう。

ただ今は、政治の事情によって足止めされているアーティストや友好家の活動を元に戻してもらいたい。それだけです。











拍手[13回]

色々なコメントありがとうございました。

RYUTAROの事に限らず、人はその時の感情を各々の立場や境遇で表現すると思います。でもそれが人間らしくていいと思うのです。

自分は媚を売るのがあまり好きではないので、自分の思うがままに気持ちを文として書くし、行動もします(一般的に自己中と言われる奴かもですが。。) だから賛同する人もいれば疑問を持つ人もいるはずです。

でもこのブログに関しては今までも内容や個人的な思いなどで虚偽は書いてないと思うので、これからもそれは貫き通すつもりです。

ただ例えば自分の周りに5人いて、その内3人が自分に対して疑問を投げかけたらもう一度1から考え直すという訓戒みたいのがあって(笑) だから単に自己中でもない気もしますが。。 

自分もそうだけど、やはり人間なので間違いは必ず起こすし、人を恨む事もある。でもその逆で人間なので省みることも出来るし、許すこともできる。
なんかその繰り返しが人間ではないかと思うこの頃です。

なんかよく分からない内容ですみません。。
あっ北見さんは例外ですけどね。

では次のEpisodeを書いていこうかなと。

拍手[2回]



06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:<%sub_title> の記事一覧

≪新しい記事一覧へ | | 15 古い記事一覧へ≫ 16 17

18
19