[34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24]
少し前自分の知人が自ら命を絶った。
現在作詩している曲にも死に関する内容もあるし、
今回少し考えさせられた。
あの人はどのような思いで人生に終止符を打ったのか。。。
だから今回自分なりの意見を文章にしてみようと思った。

世間一般で自殺という行為は逃避であるとか、人生辛いのは
当たり前とか言われている。確かに自分もこのような意見側に
立つ人間であると思うし、現在も前向きに人生を生きようとしている。

ただもし自分が本当に自殺を考えている人の前に立った時
その人に対して説得力ある言葉を言えないと思う。
「悲しむ人がいるからやめろ」とか「もっと辛い人が他にいるから」
とか、心なだめる言葉を並べるのは簡単かもしれないけど、
実際本当の気持ちを知るのは当事者しかいないわけだし、
その人になってみないと分からないと思う。

本当に生きる意思も無いのに、生かされてる事が自分の人生を
否定する事なのかなって思ったりもした。

人間の死はいつかやって来るので、死は人間の義務だと思う。
でもその過程である生は権利であって。。。
今回知人の自殺で思ったんだけど、生きる自由もあるなら死の
自由もあるのかなって思ってしまった。

初めてこんなに硬い文章になってしまったな。
すまんね。。。

拍手[0回]



11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:<%sub_title> の記事一覧

≪新しい記事一覧へ | | 15 古い記事一覧へ≫ 16 17

18
19